本文へ移動

サカモトくんちの日記

RSS(別ウィンドウで開きます) 

暑い季節到来!

2021-06-10
みなさん、6月になりましたがいかがお過ごしでしょうか?

地元の久留米は、暑いです。

「え、夏?もう夏なの?」
と、誰かに問いたくなるほどの暑さです。

ニュースを見ると
「久留米は全国1番の暑さです。」
「久留米は真夏日となりました。」
と連日の報道。

「いいかげんにしてくれよー」
とのぼやきが、そこかしこで聞かれます。

しかし、そういいながら

「全国一の暑さとか最悪ー」
「こんなんで日本一とか言われてもー」
と言っている人の顔を見ると、、、、

なぜかちょっと誇らしげな感じが?!・・・・

そんな人たちの気持ちがわかってしまう

私も生粋の久留米人です!!

皆さん熱中症にはご注意ください。

新入社員奮闘記

2021-05-16
早々と梅雨入りしてしまいました。
雨の日が続くとどうしてもやる気スイッチ弱りますよねー

 そんな中、前回も紹介した新入社員2名を見ていると私たちももっともっと頑張らないと!という気持ちにさせられます。
 先日メーカーさん指導の下「ドアノブについて」
「LED電球について」の2項目の勉強会を実施しました。もちろん新入社員だけではなく希望スタッフも出席し、負けずと知識を高めるために学びましたが
新入社員2名の目はギラギラ!!新たな知識を得たことで更に成長できるのではないでしょうか。。

日々勉強。新入社員2名も私たちも成長していきお客様に商品を案内・提案出来ればと思っています。
これからもよろしくお願いします。





新人が入社してきました!!

2021-04-22
 風が桜を降らせている4月、うちの店にも新人の男の子2名が入社してきました。
 期待と不安を胸いっぱいに詰め込んで、日々一生懸命頑張っています。
 そんな彼らを見ていると、
「ああ・・・自分にもあんな初々しい頃があったのか」
と、改めて、自分を見直すいい機会をもらいました。

「そう、あの頃の自分は純粋だった・・」

そう自分では思っていますが、

「いや、ないない!!」 「最初から汚れとったやろ!」
とうちの従業員の心の声(一部は口に出してる!?)が聞こえてきたので、
あまり自分を美化しないで、
新人に負けないよう頑張っていこうと思いました。

皆さん、うちの新人をよろしくお願いします。
(もちろん私もお願いします!!)


水漏れその後

2021-03-13
水漏れを発見後、まず、スプリンクラー管理などしてもらっている会社に電話。

「すいません。水漏れしているんですけど!!」

場所や状況などを一通り説明して、きてもらうことに。
一緒に場所を見て、

「まず水を止めないとどうしようもないですね。」

「元栓がわからないんですけど」

「大体パイプに沿ったところにあるんですけどねー」

「そちらではわからないんですか。」

「・・・いっしょに見てみましょうか。」

「わからないんだ・・・・」

うろうろして、いろんな栓を閉めますが、
全然水は止まりません。

「激寒っ!!!」

悪いことに当日は、冷え込んでいて
しかも風が強いという最低なコンディションでした。

そんな中、やっとのことで場所を特定し、

「フー、止まった!修理お願いします!」

「あー、この漏れている管はうちの管轄外になるので、うちでは修理できないですね。
水道屋さんに頼んでください。」

「・・・・・」

早く言わんかいっ!!!最初からわかっとたやろーー


心の中で叫んだのでした。
実は水道屋さんに最初のうちに声をかけていたのですが、
管理会社の方が来られて、してくれる風だったので
断っていたのでした。
改めて水道屋さんに連絡するも、すでに予定が入っていて、翌日になりました。
いろんな意味で
ものすごく寒い思いをした1日になりました。




水漏れはどこ?

2021-03-08
2月の寒風吹きすさぶある日、水道メーター点検の人が来て、
「メーターがずっと回り続けてるんで、どこか水漏れしてないですか?」
と嫌な一言。
メーターを見に行くと、確かにぐるぐるすごい勢いで回っています。
「マジか・・・」
うちの主任と一緒に、うろうろと探しまわりましたが、なかなか見つかりません。
土の中の水道管だと、まず素人では特定できません。
「業者さんに来てもらおうか・・・」
と主任があきらめかけたその時!!!
私の名探偵コナンばりの直感が働きました。
「もしかしてあそこでは!」
屋根の上にスプリンクラーの貯水タンクがあるのですが、
以前そこから水漏れしていたことを思い出したのです。
2階の窓から屋根に降り、はしごをかけ、1番高いところにあるタンクを見に行くと、
ジャーーーー!!!!
すごい勢いで水が漏れていました・・・
そしてこれから私の苦難は続きます。
次回に続きます。こうご期待!
(果たして読みたい人はいるのか 
TOPへ戻る